【関テレ「おじゃMAP」ライザップ特集の概要】

関テレ「おじゃMAP」にライザップ社長が登場!

2015年6月3日午後7時放送の関西テレビ「おじゃMAP」はライザップ特集でした。

 

ライザップ本社を訪問し、ライザップ社長が登場し、ジムの様子とトレーニング内容も紹介されました。

 

このページでは、そのポイントをまとめています。

 

驚異のビフォーアフター写真 16事例

 

ライザップの運営会社は?

ライザップを運営するのは健康コーポレーション。

 

社長は瀬戸 健さんでまだ37歳の若さですが、グループ総売上600億円の企業を率いるリーダーです。

 

印象は怖いカリスマという感じではなく、人に好かれそうな普通っぽい人です。

 

社員は若い人が多いですが、社長よりずっと年上の人も少しいて、風通しのよさそうな会社でした。

 

ライザップの歴史

ライザップの着想の背景には、社長が19才のころの経験があるそうです。

 

とっても太った女の子に愛の告白をされて、彼女のダイエットを手伝ったのだとか。

 

マイナス25kgのダイエットに成功し、すごいモテ子になったのですが、浮気されて関係は終わったそうです。

 

その後、明治大学に入学しますが中退。

 

24歳の時に健康コーポレーションを立ち上げました。

 

「豆乳クッキー」という商品が大ヒットして、会社は急成長。

 

年商は100億を超えますが、当時流行ったビリーズ・ブートキャンプなどに売上を取られ、業績は下り坂に。

 

そこでライザップの事業を始めて、形勢を逆転し、年商600億円を突破するに至りました。

 

ちなみにライザップ(RIZAP)はRIZE(上昇する)+UP(上へ)の造語だそうです。

 

ライザップのノウハウ

ライザップのノウハウの中核は、本サイトのトップページで紹介しているように次の2つです。

 

  1. 筋トレで筋量を増やして、基礎代謝を上げる。
  2. 食事は糖質のみを徹底排除する。

 

食事の考え方は、社長みずからがクイズ形式で紹介していました。

 

さらに番組はジムも訪問。

 

スポーツジムというより、エステサロンのようなゴージャスな雰囲気です。

 

完全個室で、人に見られずにマンツーマンの指導を受けて、自分のトレーニングに集中することができます。

 

CMのモデルたちが登場

強烈なインパクトを持つライザップのテレビCM。

 

「CGでは?」との疑惑説さえ流れた、ビフォーアフターのモデルさんたちが、番組の最後に次々に登場。

 

「実在したんだ!」と驚きの声があがりました。

 

  • 永山陽一郎さん(37)
  • 青木英子さん(68)
  • 上遠野昭子さん(40)
  • 豊田美穂さん(40)

 

全国コンテストも実施

ライザップで最も変身できた人を選ぶ「ライザップ・ボディメイク・グランプリ」も開催されたそうです。

 

優勝した男性の動機は娘にカッコいいと言われたかったからだそう。

 

「お金がかかるのでは?」との質問に対しては、メタボのまま年を取って将来病気になって家族に迷惑をかけることを防げるから、割に合う投資だと答えていました。

 

瀬戸社長の夢

ライザップはこれまで200トンの体重を減らしてきたそうですが、1万トンを突破するのが目標だそうです。

 

社長は「イメージできることは実現できる」と語っていました。

 

驚異のビフォーアフター写真 16事例